出品する商品を探す★ブランドページ

BUYMA

人気のブランドはたくさんありますが、モデリングしたバイヤーさんがたくさん売れているブランドがあったとします。その時は、そのバイヤーさんが出している物が全てではないかもしれない…ということで、そのブランド全体をみていきます!

ブランドのトップページをみる

例えば…ということで、シャネルのページを載せてみました。

ここのトップページからわかる情報としては…

レディース2位/メンズ83位/ビューティー9位/ライフスタイル19位…と言うことがわかります。できるだけ上位のブランドはもちろん、人気のブランドになります。

ただ、あまりにも上位ばかり狙っていくと、初心者には立ち向かっていけないハードルがたくさん待っているので、幅を広げてレディース200位まで、メンズ100位ぐらいまでを目安に探していくと見られてアクセスも集まり、売れるバイヤーへとなっていきます。

実際に売れている商品を探す

ブランドページの少し下の方の画像になります。

ここの画像からは、最近売れたアイテムをみることができます。

[最近売れたアイテム]ということは、需要があるアイテムということになります。売れているブランドの中で最近売れた商品は、他にも探しているお客様がいることが多いので、ここに載せてある商品をリサーチ対象として、買付け先を探していくと良いと思います。

ここだけでも、最低5個。レディース、メンズ共に売れているブランドであれば10個、出品できる商品が発見できるのです!

この繰り返しでも、出品できる商品集めが進んでいきます。

売れているカテゴリもチェックしてみる

同一ページから、更に商品探しを深めていきます。

実際に売れている商品を、5つ目に見えることができますが、このブランドの中で売れているカテゴリも合わせてみていくことができるので、合わせてみていくことが大切です。その商品を購入する時に、他の商品とも比較して迷っている購入者さんがいるハズです。その時に、購入には至らなかったけれど、迷っていた…ということは、次に売れる見込みがある商品なので、出品をしていき、選ばれるのを待っていくのです。

見方は、カテゴリをクリックし、人気順にします。その後はまたアクセスや、欲しいもの登録が付いている商品を発見していくことの繰り返しです。

繰り返しの作業が多くなりますが、この繰り返しでたくさん商品をみていくことや、毎日繰り返しみていくことで、新商品が入ったことや、季節ごとに売れるアイテムが変わっていくことにもいち早く気づくことができます。

最後はバイヤーページも確認

最初のうちは混乱するので、ここまでしないほうがいいかな、と私は思っています。

でも、リサーチに慣れてきたり、マンネリ化してきた時は、この次のステップとして、実際に売れている商品を売っているバイヤーページにも目を向けて行きます。この時に、あまりにもベテランバイヤーだった時は、深追いしすぎず、自分が手を出せる商品があるのか、ないのかだけ少し確認していく程度が良いです。

いつかは自分もそのバイヤーさんと近づくことをイメージしつつ…。

タイトルとURLをコピーしました