スプレッドシートの活用ーリサーチ情報をまとめていく

BUYMA

最初の頃は自分で調べること、どこかから得た情報を頭の中や、メモ帳(PCの機能含む)レベルでまとめていけるかと思います。

でも、日にちが経過すると記憶が曖昧になり、忘れていくのが人間です。

情報を整理するテンプレートを作成

今は、スプレッドシートを活用して情報をまとめていくことが多いです。

私自身、情報の共有が早いために活用しています。最初は、使い方がわからない…なんてイメージがありましたが、エクセル的な機能にこだわらず、メモとしてまとめていくだけでも十分につかっていける機能です。

毎回、違う内容にならないように、ある程度のテンプレートを作成することが大切です。

  1. 出品日
  2. ブランド名
  3. カテゴリ
  4. 参考バイヤーさんのURL
  5. 買付先URL
  6. 出品する価格
  7. メモ(何でも用)

上記のような簡単な内容から始めるとよいかと思います。

リサーチしながらの活用方法

一件一件出品する商品探しをしながら商品の出品をしていきますが、効率を考えるにはやることを一つに絞って集中していくことです。リサーチをする時はリサーチを一気にしていくこと、画像加工をする時は画像加工…と言った感じでやることをしていくのが効率的です。最初はそのベースで進めて、自分なりのやり方がみつかっていったらアレンジをしていきましょう。

商品ページをみて気になったページはどんどん貼り付けをしていきます。あとからみてわからなくならないように、メモ欄としてつくった行も上手に使っていきます。自分で保存をしなくても、どんどん更新されていくので消えてしまう心配も少ないのが嬉しいところです。

何でも用シートをつくることもオススメ

情報を集めていると、イレギュラーな情報を目にすることもあります。その時に、調べ始めてしまうと、横に反れてしまい、本来やるべきことの時間が奪われてしまいます。

でも…せっかく見つけた情報はお宝かもしれません!!

なので、無駄にならないように、スプレッドシートにリサーチ用のシートと別のシートを作成し、『あとから調べるリスト』として簡単にその時に目にした情報を記入しておきます。またそれを調べ直す時間もつくり、次の商品探しに活用していきます。

最終的には”共有”を

個人で進めていく時には使用しませんが、BUYMAでどんどん人気ショッパーになっていくと一人での力では追いつかなくなってきます。その時に外注化という形をとり、一緒にお手伝いをしてもらいます。その際に、自分が集めている情報のスプレッドシートをGmailのアドレスを利用して、共有をすることができます。

共有をするとその瞬間から同じ情報をみることができます。集めている情報を保存して、メールで送って…という手間がないので、その部分からも時間短縮をすることが可能です。

時間は限りがあるので、少しの時間でも短縮できることは短縮して進めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました