やっぱり休みをつくろう!

主婦/妻

これは賛成できる人もできない人もいる考えだと思います。

お子さんの有無や、お子さんの年齢…

お休みの日の家族での過ごし方によっても異なりますのであくまでも私の意見です。

割り切れないからイライラする

子どもがいても、やらなくてはいけないことをためていくと、やはり心に余裕がなくなります。

『土日祝日は、お休みします』

とバイヤーからのお知らせ欄に記載をすることは勇気がいるのであれば、まずは気持からです。

“最低限のことしかしない”

と自分の中で決めていってしまいます。そうすれば、思い切り遊んだ後に、あれもこれもとやらずにお問い合わせの返答や、買付のみで終わりにできます。疲れている時にPCに向かっていても、全く進まず、なんの時間だったんだろう…という結果になるのであれば、さっとやって休みのが効率的だと考えます。

休みの日に作業をしないスケジュールを立てる

お問い合わせや買付のような、お客様ありきの状況は仕方がありませんが、それ以外のことに関しては、1週間にだいたいのスケジュールとして考えていきます。例えば、一週間に70件の出品をしたいのであれば、1日10件と考えるのが普通ですが、1日12件ずつやってみて、残りの数件だけを土日にやる!とい形にするのも考えです。

ずっと自分ひとりでやるわけではない

この想いをもって乗り越えていけるのではないかな、と思います。一生その追われた状態を続けるのであれば、精神的にもボロボロかもしれませんが…外注化に向けてのステップアップができるまで、ということで少しの期間ということで、集中できる時にバッチリ集中していきます。

だって家族が1番だから

キレイごとに聞こえるかもしれませんが、私は自分自身の幸せはもちろん、家族での幸せを思い描いてBUYMAをスタートしました。それなのに、土日もずっと自分のことばかりやっていたり、子どもの話も全く聞かない状況であれば、喜んでくれません。

前のブログでも書きましたが、応援してもらえるようにするためには、怒ってばかりの自分より、笑って楽しそうにしている方がいいですよね。

あー今日、何もできていない…

と思うことは多々ありますが、そこを割り切って、家族との時間を過ごすと決めたら休みましょう。

男性目線と女性目線は違う

休みを取るということに関して、賛否あるとして、反対派が男性の指導者なのであれば、女性とわかり合うのは難しいことです。家にいて、仕事をしながら家事、育児をする…決して楽なことではないからです。24時間、自分の思うようなペースでPCに向かっていて良いのであれば、男女問わず貪欲にいくべきだと思いますが、自分の大事にすべき立場を見失わないように取り組んでいくことが大事だと考えています!

 

タイトルとURLをコピーしました